日本の自立立体駐車場は優秀です
2021年9月3日

廃車にするなら捨てるより買取してもらいましょう

一般的に10万キロ以上走った車や10年以上前の旧式の車や、交通事故や水没で事故車となった車は廃車として扱われます。そして引き取ってもらう際にも1万円以上の費用が掛かりました。しかし現在ではお金が掛かるどころか廃車にお金を出してくれる会社が増えました。ぼろぼろになっているどころかたとえ動かない車でもレッカーを用いて引き取りを行ったり廃車手続きも代行してくれます。

なぜ動かない車を買取出来るのかというと、その理由は日本の高度な自動車技術と信頼性が世界的に認知されている事が根底にあります。日本車は海外で人気が高く、損傷が比較的小さくまだ動かせる車は修復されて海外に輸出されます。また損傷が大きく修復しても動かせない車でも使用可能なパーツを取り出してパーツをバラ売りしたりスクラップにして鉄資源として輸出されたりします。一見するといいところしかないように見えますが、廃車の買取を行うにあたり注意点があります。

廃車買取を行った際、中古車として買取された場合は自賠責保険や自動車重量税といった各種税金は売却金額に含まれていて還付されなかったり、還付されていた場合でも業者側が手数料として充てている場合があります。このような場合は親切な業者であれば事前に説明されます。もしこのような説明がない場合はこちらから税金の還付の質問をすると後の金銭トラブルを防止できます。もちろん買取を行う業者は1つしかないわけではありませんので多数の業者から吟味すれば安心して取引が出来ます。

立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です