日本の自立立体駐車場は優秀です
2021年5月18日

ここに注意!自走式立体駐車場の利用

自走式立体駐車場ってとても便利ですよね。車で駐車スペースまで移動するだけですし、平駐車場よりも利用用金が安くなっており、都市部の契約駐車場としても魅力があります。しかし利用する際にはいくつかの注意点があり、これらを知っておけば納得のカーライフを楽しめます。自走式立体駐車場で注意してほしいのは、重量制限です。

構造物そのものを駐車場として利用しているため、ほぼすべての施設で重量制限が設けられており、その旨を入り口に大きく掲げられた看板に記載されています。特に旧式の立体駐車場を利用するさいには注意してください。2018年以前に建造されたものの中には、2t制限などが設けられているため、これを超える場合は利用できません。制限に引っかかりやすい車としては世界の自動車市場を牽引するSUVモデル、またファミリー世帯で主流になっているミニバンなどがあります。

事前に契約した駐車スペースの隣の車をチェックしておきましょう。契約した後にお隣の車のサイズが大きく、駐車スペースで扉を開閉するスペースが極端に狭くなるのも珍しくありません。このようなトラブルを避けるためには、事前にお隣の車種名を訪ねておき、ネットなどで車種の特徴をチェックしておくことをおすすめします。エレベーターも重要なポイントです。

特に3階建て(3層4段)以上の場合、駐車した後に施設を出るのに時間がかかることもあるので、必ずエレベーターの有無を確認します。自走式立体駐車場で確認してほしいのが、渋滞です。近隣にショッピングモールやデパートがある場合は特に要注意、土日になると急に駐車する車が増えるため、渋滞が発生することもあります。事前に管理会社に商業施設と契約しているか、渋滞しやすい時間などを確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です