日本の自立立体駐車場は優秀です
2021年6月15日

自走式立体駐車場3つのタイプ

駐車場には平地利用の平面駐車場と立体的で多層化の立体駐車場があり、立体式駐車場は主に自走式立体駐車場と機械式駐車場に分類されます。運転者が目的階まで車を運転し駐車するタイプの自走式立体駐車場は、駐車台数を保持するためにはそれ相応の大きな土地を必要とします。マンション及び集客用もしくは公共施設の駐車場にも適しているため、駐車台数を多く確保することで利用料金を抑えることが可能な傾向があります。しかし自走式立体駐車場の種類により諸条件が異なり高くなる場合もあり、その種類にはフラット式とスキップ式や連続傾床式の3タイプがあります。

駐車の容易性と駐車面積の広さなどそれぞれに特徴と違いがあり、フラット式の場合はスロープで駐車スペースの各階が連結された立体駐車場であることが特徴といえます。上階に進む車と駐車する車の導線が分化されており、安全確保の面でも優れたシンプルなタイプといえるでしょう。また見通しの良いことも特徴でスムーズな駐車の実現と、平坦な床のため高齢者と子どもまたは車椅子の利用者などに優しい設計となっています。スキップ式は駐車階を半階分ずつずらした構造で、個々のスロープが短縮可能なため走行が容易なことが大きな特徴になります。

駐車場の空きスペースを見つけやすいタイプである理由は、見通しがよく一定方向へ巡回することが可能なためといえるでしょう。そして緩い勾配の昇降スロープで、駐車スペースが構成された立体駐車場が連続傾床式です。緩やかな螺旋状の構造となり急カーブ或いは急勾配がなく、スロープが不必要なため高い面積効率が実現可能なタイプといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です