日本の自立立体駐車場は優秀です
2021年8月6日

中古車バイク業者に売却するときはオイル交換しよう

中古車のバイクを売るときには、買い手としての買取業者はバイクの中古車市場の相場や、車両の状態を確認することで査定額を導きだします。買取業者がユーザーに対して、高値の買取価格を提示することをためらうことも考えられるために、少しでも良い価格で売却したいのであれば、不利な状況にならないように気を付ける必要があります。売却を検討している中古車バイクの状態を、高値の買取価格が付きやすい状態にしておくことが大切です。400cc以上の大型車や四輪自動車を除き、メンテナンスをおろそかにしていることが多いです。

大型バイクや自動車であれば、長距離のドライブをすることが多くなるために、年間における走行距離が多くなることから、3000kmから5000kmごとにオイル交換をすることが考えられます。しかし、小排気量の車両であれば長距離を走行するケースが少なくなり、車検制度もないことも重なって購入してから何年間もメンテナンスをしないというユーザーもいます。走行しているうちにトラブルが生じてから、業者にメンテナンスをしにくるというユーザーも多いために、車両の状態が悪いと中古車のバイク買取業者に持ち込んだときに、買取価格が低くなることが考えられます。長年にわたってオイル交換をしていなければ、潤滑性能が損なわれるためにエンジンの寿命が短くなると判断されて、査定額に大きな影響が出ます。

そのために買取業者の査定に出す前には、エンジンオイルについて確認をしておいて、交換しておくことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です